福岡市博多区の塗装工事現場はオフィスビルになります。

瓦棒屋根の塗装の様子です。

瓦棒葺き屋根って一体?

金属の板と木の棒で構成された、金属系の屋根です。

トタン屋根というとイメージできる方もいらっしゃるでしょう。

縦方向に凹凸がなく、水が溜まりにくいため雨仕舞いに優れています。

瓦棒屋根塗装で1番のポイントは、

ケレン作業です。

金属屋根には必須ですね。

ケレン作業では電動工具やサンドペーパーなどの手工具を使って、塗る面の錆やごみ、剝がれかかっている塗膜を削り落としていきます。ケレン作業は塗料の密着を高めるための目粗しにもなります。

2番目のポイントは

錆止め塗布です。

錆止めを塗ることで錆の発生・進行を抑えます。

錆止めといえば赤い色の印象が強かったのですが、今回の現場でも使用したブルー系の錆止めもあります。

そのほか白や・グリーン系の色もあります。

仕上げ塗料に合わせて塗りやすい色を選ぶとよいですね。

この後に、中塗り、上塗りへと移っていきます。