今回は塗装工事と一緒に行う補修工事についてお話しします。

お客さまから「塗替えと一緒に、○○の補修もできますか?」とお問合せいただくことがあります。

塗装工事店では基本的に塗装工事に伴う補修であれば対応できることがほとんどです。

今回はその補修でも珍しい木部補修についてご紹介します。

鉄やサイディングなどに比べて強度が弱く水にも弱い木部は、部分的に傷は入ったり腐ったりすることがあります。劣化状態がひどい場合には新設で対応することもありますが、補修で対応できる場合には木製パテを使います。木部にできた傷や穴は木材専用の充填剤を使用するのが一般的です。

補修の手順は

  1. 補修箇所の埃や汚れを取り除き綺麗にします。パテの密着を良くしいい仕上がりにするための大事な工程です。
  2. パテ材の選択をします。数種類のパテ材の中から木材の種類、見た目に合ったパテ材を選びます。
  3. 木材専用パテを補修箇所に充填し、スパテラや指を使って平らになるように埋めていきます。
  4. パテの種類によっても変わりますが、数時間から数日かけて乾燥させます。
  5. 乾燥後、固まったパテ材の表面を研磨し、サンドペーパーなど使いパテの周りの木材になじませます。
  6. 木部の周りの色に合った塗料で塗装します。