皆さんは住宅のメンテナンスは何年ごとに行っていますか?選んだ塗料によるかと思いますが外壁塗装には10年おきの工事が必要と言われています。塗料の中にも10年以上の耐久性があるのになぜ10年と言われるのか疑問ですよね。今回は塗装が10年と言われる理由についてお話していきます。

*新築時に使用される塗料の耐久年数が10年前後のものが多いから

新築時に広く用いられている塗料の多くは、一般的に約10年ほどで劣化する傾向があります。そのため、適切なメンテナンスが重要なのです。定期的なメンテナンスを行うことは、住宅を長寿命に維持するために重要なことです。

*メーカーからの保証期間が約10年だから

多くのハウスメーカーは、新築時に約10年ごとの点検や10年保証を提供していることがよくあります。具体的には、外壁の塗り替えサイクルが通常10年ごととされ、これにより、外壁の塗料の劣化や損傷を早期に発見し、適切な手入れを行うことができます。

今回は外壁塗装が10年と言われ出した理由についてお話ししました。次回は10年おきに工事をするとどんなメリットがあるかについてご紹介していきます。