皆さんはどの季節がお好きですか?塗装を行うにも人気の季節があり、どれもメリットとデメリットがあります。今回は春の塗装工事についてお話していきます。

春は塗装の季節と言われており、沢山の方が外壁塗装のお見積り依頼をされます。

以下は春の塗装工事についてメリット・デメリットをまとめたものになります。

【春の塗装のメリット】

・塗料の乾燥が早い:春は寒冷な冬から暖かくなり、気温が安定しているため、塗料が早く乾きやすくなっています。

・適度な気候:塗装時には窓を閉め切る必要がありますが、春は窓を閉め切っていても快適に過ごせる適度な気温となります。職人たちも作業しやすい季節です。

・降雨が少ない:春は雨の日が少なく、工事が滞ることが少ないため、スムーズに工事を進めることができます。

【春の塗装のデメリット】

・業者の確保が難しい:春は塗装の需要が高まる時期であり、工事の予約が難しくなることがあります。春に工事を行うには前もって工事の予約が必要になってきます。

・花粉や黄砂の影響:作業中に花粉や黄砂が舞い込む可能性があり、これが外壁に付着することが懸念されます。

春は塗装に適していますが、業者の予約が難しく、花粉や黄砂の影響にも注意が必要です。次回は夏の塗装工事についてご紹介します。