皆さんは外壁にカビが生えた建物を見たことはありますか?食べ物やカーテンなどの布に繁殖するカビは外壁にも発生することがあります。美観だけでなく建物の状態まで悪くするので注意が必要になります。今回はカビが外壁にもたらす悪影響についてご紹介していきます。

① カビとは

カビは微生物の一種で、湿度や温度が適した環境で繁殖します。主に真菌が原因となり、外壁にも発生する可能性があります。

② 発生条件

外壁のカビが発生するためには、湿度が高い環境が必要です。雨風の影響や日光が十分に当たらない場所、通気が悪い場所などがカビの発生条件となります。

③ 外壁へのダメージとは

外壁に発生したカビは見た目の悪さだけでなく、外壁材の劣化や腐食を引き起こす可能性があります。また、アレルギー症状を引き起こすこともあり、健康への悪影響も考えられます。

④ 対策方法

外壁のカビ対策としては、まず定期的な清掃が重要です。特に湿気の多い季節や雨が降った後は注意が必要です。通気性を確保し、日光が当たりやすいような環境を作ることも効果的です。また、防カビ効果のある塗料を使用するなどして予防することも可能です。

今回は外壁に発生するカビについてご紹介しました。次回はカビとコケの違いについてお話していきます。