皆さんこんにちは

ペイントホームズ福岡中央の宮崎です。<(_ _)>

本日はALC外壁についてご説明させて頂きます。

ALC外壁材写真

外壁材ALCはコンクリートの一種です。                                                             ALCは内部に気泡を含んでいる為に、遮音性に優れています。また、素材が軽く出来ている為に、                                   耐震性、耐久性、も高い外壁材です。

その性能の高さから、居住用住宅だけではなく、高層ビルの素材などとしても利用さえています。

ALC外壁のメリット

1、耐久性が高い                                                                       ALC外壁は耐久性が高く、地震にも強い                                                                 

2、断熱性、耐火性に優れている                                                               内部の気泡が空気の層を作るため、熱伝導率が低く断熱性が高い。                                                   燃えにくい耐火構造を有している為耐火性、防火性も優れている。

3、軽量で遮音性が高い                                                                    内部の気泡が音を吸収する為、音が伝わりにくく、プライバシーの保護にも役立ちます。

ALC外壁のデメリット

1、繋ぎ目が多い                                                                      ALCパネルはモルタルなどの塗り壁とは異なり、建物に取り付けていく外壁材の為                                             パネル同士のつなぎ目が多いのが特徴です。

繋ぎ目が多く雨漏りリスクが高いデメリットがあります。                                                     劣化を防ぐには、シーリング材で繋ぎ目をしっかりと埋める事が大切です。

2、防水性が低い                                                                    ALCパネルは吸水性の高い素材の為、耐候性が低いデメリットがあります。                                             内部の気泡部分に水が侵入したしまうと、膨張やひび割れの原因になってしまいます。

ALCパネルは耐久性の高い素材ですが、ALCパネル自体やシーリングの劣化を防ぐ為には                                    塗装して防水性を高める必要があります。

以上参考にして頂ければ幸いです。(^▽^)/