〝飛散防止ネット〟とはどのようなものか分かりますか?よく建築工事に使用されている足場に張られたネットのことを言い、様々なトラブルを抑える効果があります。では飛散防止ネットは具体的にどんな役割があるのでしょうか?今回は飛散防止ネットの役割についてお話ししていきたいと思います。

【飛散防止ネットの役割】

*高圧洗浄・塗料の飛散を防ぐ➡塗装工事には外壁を綺麗にするために高圧洗浄をかけたり、塗料を使用して工事を行うため周囲に水しぶきや塗料が飛ぶ恐れがあります。そのため、近隣の外壁や車、近くの通行人にかからないようにするために飛散防止ネットが張られます。

物の落下防止➡高所での作業を含む塗装工事は道具が落下した場合とても危険です。そのため飛散防止ネットを張ることでそれらを防ぎ周囲の人の怪我を防ぎ、職人の命も守ります。

*塗膜に汚れが付かないようにする➡屋外での塗装工事のため風の影響もあります。砂や落ち葉などが風に乗って塗装したての外壁に付着してしまう可能性があるため、飛散防止ネットが設けられます。美しい仕上がりにするために塗膜の表面が綺麗に乾燥するのを守ります。

上記の内容のように飛散防止ネットを張ることで様々なトラブルを防ぎ安全に工事を行うことができます。今回は飛散防止ネットについてお話ししました。