外壁が劣化を起こした時外壁の表面に白い粉が浮き出ているのを見たことはありますか?それは「チョーキング現象」と言い塗膜が劣化を起こしている状態です。以下にチョーキング現象についてまとめてみました。

① チョーキングとは

チョーキング現象は、建物の外壁や塗装表面に白い粉が現れる現象を指します。この白い粉は、塗料に含まれる顔料が紫外線などで劣化し表面に現れたものです。外壁に見られることが多く、塗替え時期の兆候の一つです。

② 外壁に与えるダメージ

チョーキング現象が外壁に与えるダメージは次のようなものがあります。

・防水性能の低下…チョーキング現象が現れると防水性能が失われている状態です。外壁が雨水を吸収しやすくなるため雨漏りのリスクが高くなります。

・外観の劣化… 外壁がチョーキングによって白く変色すると、美観が損なわれます。特に原色や暗い色の塗装ではこれが目立ちやすく、建物全体の外観が不格好になってしまいます。

・塗膜の劣化… チョーキングは、塗料表面の劣化を示す兆候の一つです。白い粉が現れるのは、塗膜が劣化し、耐候性や耐久性が低下していることを表しています。このまま放置してしまうと外壁が紫外線、雨などによって傷んでしまいます。

チョーキング現象は、外壁塗装や定期的なメンテナンスが重要です。今回はチョーキング現象について詳しくご紹介しました。