住宅によく使用されている人気の外壁材には窯業系サイディング、モルタル、ALCなどの外壁材があります。これらは定期的な外壁塗装が必要になっており、外壁材自体に強い耐久性は備わっていません。

上記のようにほとんどの外壁材にはメンテナンスが必要ですが、長期間塗装工事が不要な外壁材も存在します。今回は耐久性が高い外壁材についてご紹介していきたいと思います。

⒈タイル

タイルは粘土、石、砂などの劣化しにくい材料からできており、耐久年数は約30年~40年ほどです。紫外線や雨風に強く、カビの繁殖も抑える効果が備わっています。

表面が滑らかで親水性があるため、汚れにくいというメリットもあります。

⒉レンガ

レンガの耐久年数は50年ほどで、陶器と同じ無機物で出来ているため、紫外線や雨からの劣化はほとんどありません。防水性も備わっているため、雨が降っても膨張の恐れがなく長期的に外壁塗装を行わなくても良いとされています。

⒊樹脂系サイディング

主成分が塩化ビニール樹脂で作られている樹脂系サイディングの耐久年数は約30年ほどで外壁材の腐食、ひび割れしにくいというメリットがあります。凍害に強く、寒冷地でも強い耐久性を誇っています。

メンテナンス不要で劣化しにくい外壁材は魅力が沢山ですね。今回は塗装工事が不要な外壁材についてお話ししました。