皆さんこんにちは

ペイントホームズ福岡中央店の宮﨑です。

本日はコンクリート爆裂補修についてご説明いたします。

爆裂の現状

コンクリート爆裂とは

建築物が古くなってくるとコンクリートの表面にもクラック(ひび割れ)が発生します。                                      発生したクラック(ひび割れ)には、雨水や空気が侵入しやすくなり、その為コンクリート内部の                               鉄筋が錆びてきます。

錆び始めた鉄筋は次第に体積を膨張させます。

この鉄筋の体積増加によってコンクリートは内部から破損します。                                                 この現象を爆裂とよびます。

コンクリート爆裂補修で気をつけるは爆裂は中途半端な補修をしてしまうと、鉄筋が錆びたまま                                  モルタルで蓋をすることになる為、徹底的にコンクリートが弱くなっている部分と鉄筋の錆の除去                                  を行い補修をしていきます。

鉄筋の錆びが残っていると錆はまた膨張していくため、錆は全て除去しなくてはまた爆裂は起きてしまいます。

補修中も爆裂部分の鉄筋には高性能な錆止め塗料にて処理を行い、モルタルにて補修をし爆裂の再発防止を射Tしましょう。(^▽^)/

内部鉄骨が錆びて膨張することにより発生する爆裂は建物の劣化と共に生じてきます。                                         建物の劣化は、避けられません。

爆裂や劣化を放置すると、崩落や排水管などの損傷、電気系統などにも影響が出る可能性もあります。

爆裂について少しでも御理解いただけましたでしょうか。

欠落事故にならない為にも定期的な点検、補修を行いましょう。