外壁塗装を高品質・低価格に

屋根塗装する頻度はどれくらいがベスト?

前回は屋根が住宅の中で1番劣化しやすい理由についてお話ししていました。外壁より劣化しやすいのであれば屋根はどれくらいの頻度で塗り替えることがベストなのでしょうか?今回は屋根の塗り替え頻度についてご紹介していきます。

 

  1. スレート屋根

耐用年数:20~30年

塗り替え頻度:5~10年に一度

 

スレート屋根は、デザイン性が高くコストパフォーマンスも良いことから、住宅用として人気があります。塗装によって防水性を維持し、苔やカビの発生を防ぐことが重要です。シリコン系やフッ素系塗料を使用することで、塗膜の耐久性を高めることができます。

 

  1. 金属屋根

耐用年数:30~50年

塗り替え頻度:5~10年に一度

 

金属屋根は、耐久性が高く、軽量で耐震性にも優れています。ただし、錆びやすいという欠点があるため、定期的な塗装メンテナンスが必要です。フッ素系などの耐久性の高い塗料を使うことで、耐用年数をさらに延ばすことが可能です。

 

  1. 日本瓦

耐用年数:50~100年以上

塗り替え頻度:30~50年に一度

 

日本瓦は非常に耐久性が高く、適切にメンテナンスされれば長寿命です。塗装自体は必要ありませんが、苔やカビの発生を防ぐために防水剤の塗布やクリーニングが必要です。特に古い瓦は定期的なチェックが推奨されます。

 

  1. セメント瓦

耐用年数:30~40年

塗り替え頻度:5~10年に一度

 

セメント瓦は、コストパフォーマンスが高く、さまざまなデザインがあります。塗装によって防水性と美観を保つことが重要です。シリコンやフッ素などで塗装することを推奨されています。

 

 

今回は屋根の塗り替え頻度についてご紹介しました。外壁よりも劣化しやすいためこまめなメンテナンスが必要です。