外壁塗装を高品質・低価格に

下塗り材の役割

本日は福岡市早良区の現場、N様邸で塗装工事を行っております。

工程としては「下塗り」です。

 

外壁下塗り材:ファインパーフェクトシーラー

 

屋根下塗り材:ファイン浸透シーラー(下塗り作業中)

 

外壁下塗り後の状態

塗装工事における「下塗り」→「中塗り」→「上塗り」の工程の中で、一番初めの工程で欠かせない工程の一つです。

下塗り材にはプライマー、シーラー、フィラーといった種類があります。

 

では、下塗りにはどんな役割があるのでしょうか?

・外壁材(下地)と仕上げ塗料(中塗り・上塗り)を密着させる

・仕上げ塗料の吸い込みを防ぐ

・下地色(既存の外壁色)を隠す

といった役割があります。この下塗りの作業を怠ると

・色ムラや艶ムラが生じる

・塗膜の剥がれ、ひび割れ、膨れがおきる

といった症状が出てきてしまいます。

「下塗り」の工程はとても重要だということが分かります。

 

ポイントとして

下塗りを行う前には、

高圧洗浄で建物の汚れや古い塗膜をきれいにし、しっかり乾燥、下地の補修が行われていることを確認しましょう。