外壁塗装を高品質・低価格に

定期的な工事でメリットが沢山!10年おきの工事

外壁塗装がどうして10年と言われているのか前回お話ししました。では、10年おきに塗装工事をするとどのような効果が外壁に現れるでしょうか?今回は10年おきの工事についてメリットをご紹介していきます。

◆10年で塗り替えを行うと…

①耐久性の向上

塗料によって耐久性は異なりますが、酷い劣化が起こる前に塗装することで耐久性を維持させることができます。早めの工事で外壁材を酷く傷める心配がありません。

②防水効果の維持

経年劣化や雨水、紫外線の影響で塗膜の防水機能が低下していきます。塗り替えを定期的に行うことで防水効果の維持ができ、外壁が湿気や雨水を吸収することを防ぎます。

③美観の維持

塗装工事をしてから10年程経つと、色褪せが生じることがあります。しかし、定期的なメンテナンスを行うことでいつまでも綺麗な外観を保つことが可能です。

10年おきの工事にはこの様なメリットが存在します。塗装のメンテナンスを定期的に行うことで工事費を抑えることもできます。今回は10年起この塗装工事についてメリットをご紹介しました。劣化の少ない綺麗な家にご興味ありましたら是非ご参考にしていただけたらと思います。