外壁塗装を高品質・低価格に

ずっと塗装工事を行わなかったら住宅が傷む!!劣化の放置は大きなトラブルが沢山

紫外線や雨風、大気汚染などで外壁には様々な劣化症状が出ます。外壁に劣化現象が現れると塗装を行うタイミングですが、劣化した外壁を放置してしまうという方も中に入るようです。今回は塗装工事を行わなかったら住宅にどのような影響があるのか解説していきます。

①美観が損なわれる

外観の劣化は、色あせやカビの発生、塗膜のはがれやひび割れなどの症状を引き起こします。これらが放置されると、建物の外観が損なわれます。

②防水効果・耐熱効果が無くなる

塗膜の劣化により防水効果や耐熱効果などの機能が低下します。雨水の浸入や太陽の熱で影響で建物の耐久性が低下します。

③外壁材の腐食

劣化した塗膜が水分や紫外線を通すと、建物の外壁材が腐食し、次第に耐久性が失われます。これにより、建物の健康状態や耐久性に影響を与えます。

④工事金額が高くなる

劣化が進行すると、塗装以外の補修工事が必要になることがあります。これには高い費用がかかるため、劣化を放置し続けることは大きな経済的負担となります。

今回は劣化した外壁を放置すると起こる悪影響について解説しました。この様なことが起こる前に塗装工事を行い劣化の進行を防ぎましょう。